知恩院 秋のライトアップ2017

知恩院 秋のライトアップ2017

秋のライトアップ2017 概要

期間 2017年11月3日(金・祝)〜12月3日(日)
時間 17:30〜21:30(21:00受付終了)
拝観場所
Light-up locations
友禅苑・三門下周辺・女坂・宝佛殿・大鐘楼
Yūzen-en garden, Around Sanmon(Main Gate),Onna-zaka, Hōbutsu-den hall, Daishōrō(Great Bell Tower)
料金
Admission
大人800円、小人400円(小・中学生)
Adults(age 15 + years)¥800 / Children(age 5-14 years)¥400[団体割引]大人30名以上、1割引き

LEDライトを積極的に使用して、節電に取り組んでいます。

PR動画

 お寺離れが進む昨今。どうすれば若い人たちがお寺に来てくれるのか。会議で話し合って出た結論は、思いがけないものでした。お坊さんたちの本気は、皆さんの心に届くのでしょうか。動画は全5本。No.1から順番にご覧ください!

  1. 第1弾 会議風景編

    第1弾 会議風景編

  2. 第2弾 歌うお坊さん編

    第2弾 歌うお坊さん編

  3. 第3弾 撮影風景編

    第3弾 撮影風景編

  4. 第4弾 お坊さんが現れた編

    第4弾 お坊さんが現れた編

  5. お坊さんを見つけよう編

    お坊さんを見つけよう編

イベント情報

オープニングイベント「おてつぎフェス」Hand to Hand:promotion of the Nembutsu

11月3日(金・祝)・4日(土)・5日(日)

三門コンサート

(二胡とシンセサイザーの共演)
開始時間 ❶18:00〜18:30 ❷19:00〜19:30

〈二胡〉帯金 真理子
〈シンセサイザー〉森 孝良
〈曲目〉月影、赤とんぼ、ジュピターなど
〈二胡〉帯金 真理子
〈二胡〉
帯金 真理子
〈シンセサイザー〉森 孝良
〈シンセサイザー〉
森 孝良

お坊さんと話してみませんか

宝佛殿にて開催
開始時間 ❶18:30〜19:00 ❷19:30〜20:00

3日ライブハウスでも人気 女性布教師中村 祐華
4日人形芝居・紙芝居で親子連れ必見山添 真寛
5日ニュージーランドから来たお坊さん作田 法道(ウィズフォード・スティーブン)
中村祐華 上人
中村 祐華
山添真寛 上人
山添 真寛
作田法道 上人
作田 法道
(ウィズフォード・スティーブン)

「聞いてみよう!お坊さんのはなし」

11月7日以降の毎日(月曜日を除く)
宝佛殿にて開催

開始時間 ❶18:00〜 ❷18:45〜 ❸19:30〜 ❹20:15〜
(各回お話15〜20分、木魚念仏体験10分程度)

《週替わりテーマ》
 1週目「お坊さんとは?」
 2週目「なぜ手を合わせるの?」
 3週目「幸せとは?」
 4週目「死にむかうとは?」

 仏教に馴染みのない方でもお気軽にお越しください。お話の後には皆さまと共に木魚を打ちながら「南無阿弥陀仏」とお念仏をお称えします。知恩院の荘厳な空間の中、日常では味わえない貴重な体験をしてみませんか?

私たちがお話します!

  • 「知恩院はお念仏の聖地。心を癒しに法然上人に会いに来てくださいね~。ライトアップも素敵です。」堀田定俊
  • 「生活の支えとなるヒントがあると思います。是非、自分に合った支えを見つけに来てください。心よりお待ちしております。」九鬼昌司
  • 「ライトアップへの思いあまって作詞作曲してしまいました。知恩院が「お坊さん萌え」を感じられるお寺になっていくことを願っています。」池口龍法
  • 「京都といえばお寺。お寺といえばお坊さん。夜間拝観でお坊さんが毎日いるのは知恩院だけ!?拝む大切さと観る楽しみを味わいにいらしてください。」磯部孝造
  • 「紅葉ライトアップを楽しむ、お坊さんのお話を聞く、お念仏体験をするなど盛り沢山の知恩院ライトアップに是非お越しください。」古田昌寛
  • 「動画に出演しています!私と一緒に貴重な体験をしてみませんか?知恩院で待ってますね!」宗川良光

新企画「ぶつけてみよう!あなたのオモイ」

毎週月曜日(6日・13日・20日・27日)
宝佛殿にて開催

開始時間 ❶18:00〜 ❷19:00〜 ❸20:00〜
簡単なお話と木魚念仏体験の後、お坊さんが皆さまの悩みや日頃の想いをお聞きします。

11月6日(初開催)

《ライトアップ中の行事》 阿弥陀堂にて開催

11月6日(月)東京教区玉川組別時念仏会(東京教区玉川組浄土宗青年会)
11月8日(水)兵庫教区浄土宗青年会別時会
11月9日(木)・10(金)兼実忌
兼実忌

※状況により時間が変更になる場合がございます。

みどころ

This Temple is historically significant because it was here that Jōdo shū(Pure Land Sect) founder Hōnen(1133-1212) spread the teachings of “nembutsu-only”(chanting only the name of Amitabha) until his final year, and it is here that he passed away.

During the Edo Period (1600-1868), the present temple grounds were built when Tokugawa Ieyasu, the first shogun and Jōdō Shū follower, deemed this temple to be his family temple.

  1. ❶友禅苑 [Yūzen-en garden]

     友禅染の祖、宮崎友禅斎の生誕300年を記念して造園された、華やかな昭和の名庭です。池泉(ちせん)式庭園と枯山水(かれさんすい)で構成され、補陀落(ふだらく)池に立つ高村光雲作の聖観音菩薩立像が有名です。

  2. ❷宝佛殿 [Hōbutsuden]

     平成4(1992)年に建立。和様式重層寄棟造りで、堂内には高さ4.8mの阿弥陀如来立像、四天王が祀られています。

  3. ❸大鐘楼 [Daishōrō (Great Bell Tower)]

     大鐘は高さ3.3m、口径2.8m、重さ約70トン。寛永13(1636)年に鋳造され、日本三大梵鐘の一つとして広く知られています。僧侶17人がかりで撞く除夜の鐘は京都の冬の風物詩として有名です。

拝観地図

交通アクセス

  • [市バス]

    • 「知恩院前」下車 徒歩約5分
      •  京都駅より、206系統
      •  三条京阪より、12系統
      •  四条河原町より、31・46・201・203系統
  • [電車]

    •  地下鉄東西線「東山」駅より、徒歩 約8分
    •  京阪「祇園四条」駅より、徒歩 約10分
    •  阪急「河原町」駅より、徒歩 約15分