English
文字サイズ フォント小フォント大

おてつぎ運動

トップページ > おてつぎ運動

おてつぎ運動

法然上人がお示しになった浄土宗の教え、それは阿弥陀如来の本願を信じ、ただひたすらに「南無阿弥陀佛」とお称えすることです。『お念佛を声に出してお称えする』ということには実に多くの意味が含まれ、法然上人の万物に対する願いがこめられています。

おてつぎ運動は、法然上人のみ心を信じ、一人一人が心からお念佛を称え、家庭から職場へ、地域社会へと仲間の輪をつくり、全世界の人々の幸福と平和の実現に向けて、人から人へと法然上人のみ教えを広く現代社会に伝える運動です。

胎教から幼児・こども・青年・壮年・老人まで、人々が念佛信仰に基づく真の心のやすらぎ(サラナ)のある生活、信仰ある生涯を送られることを念願としておてつぎ運動を実施しています。

おてつぎ運動とは

おてつぎ運動とは

おてつぎ運動の取り組み

おてつぎ運動の取り組み

おてつぎ信行奉仕団・おてつぎこども奉仕団

おてつぎ信行奉仕団・こども奉仕団

教化映画のご案内

教化映画のご案内

サラナ親子教室

サラナ親子教室

写経会

写経会

参加するには

参加するには

機関誌「華頂」

機関誌「華頂」


▲ ページのトップへ